スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人歓迎会

年度が新しくなり、フレッシュな新人が各会社に配属される時期ですね。
(この日記を書いている今はすでに5月病の季節ですが・・)

5/9は我々漕艇部にもやってきた新人さんの歓迎会が開催されました。
歓迎対象者はなんと5人!
(ほんとのフレッシュマンは2人でしたが・・。まあ色々事情もありまして。)

この勢いでどんどん若い人に増えていってほしいです。

スプリングボートカップのはずが・・

4/25はいつもの加古川でスプリングボートカップでした。
審判集合時間に合わせて加古川へ車を走らせていたのですが、そこで電話が・・。
今回の大会は加古川の放流量が多く中止とのこと。
加古川では今年初の大会ということもあり残念でした。
まあ、シーズン到来であることには変わりないので、これに続く大会で頑張って行こうと思います。
次回は市長杯です。

選抜班合宿

長いシーズンオフの季節も終わり、いよいよボートシーズンがやってきました。
冬の間もボチボチと練習していましたが、ここからが本番です。

というわけで、4/2~3の週末で選抜班の強化(懇親)合宿を行いました。
前回8月に実施したときは、全国市町村交流レガッタに目的を絞ったハイテンズ強化合宿でしたが、
今回は、選抜班の全体的な底上げ、今後の方針決め、懇親を目的としました。

参加メンバーは以下のとおり、
久野、池田、本谷、岩、近田、粕谷、中田(PMより)、瀬村(夜より)

9:30集合の午前練習は、発足したばかりのエンジョイ班と合同練習。
2艇だして練習します。
1艇は、4/24のスプリングカップのための練習をするエンジョイ班メインのクルー。
1艇は、本谷コーチをCOXに据えたハイテンズクルー。

2時間ほど練習して午前の部は終わり、合宿メンバーで昼食に行き、中田さんと合流。
その後は、午後の部の練習に入ります。

しかし、艇を浮かべて1周くらいしたところで風が段々と強くなってきて白波が・・。
結局乗艇中止になり、様子を見ながら宿泊する部屋でゴロゴロしていましたが、最後まで
天気が回復することはなく、練習は中止しました。

それから、いつもの温泉施設で疲れをとった後、買い出しに行って鍋の準備。
瀬村さんも合流して、ここが今回の合宿のメインとばかりにみんなでワイワイと語り合い。

翌日は、今後のボート部の方針について真面目に話し合い。
レガッタのことだけでなく、新入部員獲得の方策についても熱く盛り上がりました。

それから、一緒に宿泊していた高校生たちに随分と遅れをとって川辺に。
ちょうど部長班が日曜の練習に現れる頃に練習を終え、適度な疲れの中帰宅しました。

初漕ぎ

1/10(月)は加古川漕艇センターの初漕ぎでした。
神主さんを呼んでの安全祈願で開始(私はそこには参加できなかったのですが)。

その後は部長班/選抜班混成でナックルを出しました。
(残念ながらエイトには人数が足りませんでした。)
メンバーを交代しながら軽く何周かまわります。
でも、軽くとは言いながら正月ゴロゴロしすぎたせいか、結構疲れてしまいましたが。

艇を片づけた後は、センターで豚汁、お汁粉、餅がふるまわれました。
みんなでワイワイしながらおいしくいただきました。
何人かは餅つきにも参加していたようです。

今年もみんなでボートを楽しんでいきたいです。

健康・スポーツフェスティバル

去年のことで恐縮ですが書いておきます。

加古川市体育協会創立70周年記念行事として、加古川市立総合体育館で健康・スポーツフェスティバルが開催されました。
各スポーツ団体のブースが用意される催しで、加古川市ボート協会ではマシンレガッタ体験ブースを用意することとなり、我々漕艇部も大いにお手伝いしてきました。

エルゴを数台並べ、お客様に漕ぎ方を説明しながら100~300mを体験してもらうというものです。
客の大半は子供たちで、大いに楽しんでもらえたように思います。

総会

12/13は年末恒例の漕艇部総会でした。
忘年会としての懇親の場でもありますが、会計報告と各班班長による来年の方針が語られる大事な場でもあります。
特に選抜班班長の方針には大いに盛り上がったかと思います(若者よ、もっと頑張れ!)。

加えて今年は先日の接触事故の報告があり、ここはしばらく真面目に話し合いが行われました。

総会後は有志で2次会へ。ここはボートの話よりは仕事の話で盛り上がってしまったかな?

接触事故

11/21、当部で初となる接触事故を発生させてしまいました。
(当部のボート接触事故報告書を元にした日記です。)

いつものナックル練習にて、船台へつけるために旋回をかけて艇が川に対して横向きになった際、2番が、右手よりライトパドルからパドルで向かってくるシングルスカルを認識しました。
しかし、そのときはすでに約30m地点に迫っており、その後、艇の横腹にスカルのトップボールが突き刺さる接触となりました。
幸い双方にケガはなく物損だけですみましたが、当部側の不注意が原因であり、相手の方には大変な迷惑をかけてしまいました。

対策として、
・安全講習、COX講習を徹底すること
・乗艇前ミーティングを徹底すること
・混んでいる船台付近での旋回は禁止
などのルール、仕組みを設け、12/18の漕艇部総会にて報告がありました。

今後このような事故なきよう、部員全員で安全意識を高めたいと思います。

EN&M漕艇部競漕会

11/14 EN&M漕艇部競漕会が開催され、神鋼漕艇部もゲストとして参加させてもらいました。
参加したのは、ハイテンズ、ほむらーず、の2クルーです。

この大会は、我々とも関係の深いEN&M漕艇部の競漕会(説明になってない?)で、非常にアットホームな感じの大会でした。

レーンをわけるブイはなく、スタートとゴールにのみブイが浮かんでいるという簡素なコースです。
だからレーン侵害は絶対にない!?

加古川の発艇はいつも主審と兼任なため、主審艇から行われますが、今回のレースでは陸からの発艇です。
レースは4艇で並べますが直接の競漕ではなく、2回の合計タイムを競う形です。

ハイテンズメンバーは、C;斎藤、S;上田、3;滝口、2粕谷、B;松本

1レース目、スタートしてすぐに腹切りトラブルがあって艇速ダウン。
巻き返しを図るも他の艇には追いつけませんでした・・。
でも、今回は2回の合計を競うタイムレースです。
2レース目を頑張ればいい!
幸い、腹切りがあったにも関わらず、まだまだ優勝圏内でした。

2レース目はバッチリ決まり、2位以下を大きく引き離してゴール。結果は見事逆転。
優勝をかざることができました。

レース終了後は、バーベキューでの懇親会。おいしい肉をいただきました。

神鋼かこがわフェスティバル

神戸製鋼では、毎年10月終わりに加古川製鉄所の一部を開放して、「神鋼かこがわフェスティバル」を実施しています。
その中で、我々漕艇部においても各職場内の交流、地域の皆様との交流を図るため、漕艇部ブースを設け、マシンレガッタ大会を開催しています。

今年のフェスティバルは10/31に開催され、このマシンレガッタ大会も今年で第3回を数えました。
例年どおり、
・職場対抗の部
・一般参加の部
の2部門での開催で、上位入賞者には豪華(?)景品も準備しています。

部員にとっては、全力で漕ぐとむせて頭のクラクラする恐怖のマシンですが、皆でワイワイ競い合うには楽しいマシンに早変わりです。

職場対抗は、各職場で4人/チームで各自300mを漕いでもらい、合計タイムを競うものです。
今年も熱戦が繰り広げられました。
この職場対抗は、とにかく応援が熱い!
そして、上位の方には部員の多くより速い方もちらほら見られ、部員としては反省です(泣笑)。

また、一般の部は、小学生以下100m、中学生以上300mに挑戦していただき、300mの方については、上位者に表彰と景品を準備しました。
今年も例年どおりの大反響で、次から次に挑戦者が列をなして(小学生以下の方が特に多い)、部員の皆さんは対応に大わらわでした。
午後は残念ながら雨が降り、例年より早めの終了を余儀なくされましたが、大きく盛り上がることができたと思います。

京都レガッタ

またまた今更なのですが、10/10に実施された京都レガッタの記録を残しておきます。
私は参加していないのですが、ブログ担当として、輝かしい結果は残しておかないと!

当部からはマスターズ部門(平均50才以上)へのエントリーです。
チームメンバーは以下です。

神鋼ほむらーずデラックス
岡野、清水、松尾、瀬村、峯

いつものほむらーず+αの混成チームです。

気になる結果は、1回戦、2回戦とも1位で、合計タイムで優勝です。
ほむらーずデラックスの皆さま、おめでとうございます!

(粕谷)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。