スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国市町村交流レガッタ1日目

いよいよこの日がやってきました。
今回は加古川開催ということで、加古川からは各部門2チームずつが参加しています。
当部からは成年女子の「くろがねーぜ」、壮年男子の「ハイテンズ」、熟年男子の「ほむらーず」。

例のごとくハイテンズ日記になってしまうのですが、この日のために練習を重ねること数か月。
合宿もしたし、エルゴや走り込みまでしました。
それも全てはこの日のため。
いつものレガッタとはまた違った心持で会場に向かいます。

会場に着くと、いつも見慣れた加古川が違った風景に見えました。
まあ、実際いつもよりも下流側にコースが設営されているし、船台もいつも対岸側に設置されてたのですが、それにしても普段より少々立派なコースに見えてしまいます。
(正直、いつもはあまりキレイな川とはいいにくい?)

選手用のテントの他には、物産店と無料豚汁コーナー!
豚汁おいしかった~。

あと面白かった企画として、ゆるキャラたちが大挙して応援に駆け付けてくれていたことです。
加古川ではおなじみのはばタンはもちろん、豊岡市や、他県からも色んなマスコットたちが来てくれていました。

さて、レガッタの話。

午前の公式練習時間は、コースの確認とスタート練習。足蹴りやラストスパートをかける位置を確認します。
今日は大会に専念ということで、審判や船台手伝いなどは免除してもらい、ゆっくり体を休めつつ作戦など話し合います。

そしていよいよ予選。
特に気にしていたのは、去年も接戦を演じた美浜町の「まきぐちJ」。
2/4杯上がりですが、ここ数カ月の仕上がりを確認するためにも、仮に2位に入りそうでも本気漕ぎをしようと考えて臨みました。
どうせ準決勝は2日目なのです。

スタート位置に艇をつける。高まる緊張。後はいつもの練習どおりに漕ぎきるだけ・・。いよいよスタート!
だけど、スタ力に入った途端、久しぶりにやってしまいました。
もう1年以上はやってないのに・・。
腹切りです・・。

全く復帰できず、結局艇が横向いてほぼストップした状態からの再スタート。
頭の中が真っ白な気分でしたが、ここでメンタルひきずったら、もっと悲惨な結果が待っています。
一瞬で気分を切り替え再出発。(動揺を消し去っていたといえばウソになるかもしれませんが)
レースは諦めず、猛烈な勢いで追い上げ開始。
ゴール地点では半挺身くらいまで追いついたと思いますが、結果、敗復まわりの3位。

相当へこみましたが、「明日の敗復はスタ練やアップと思えばいい」という仲間の温かい言葉で勇気付けられました。

今日はレセプションではノンアルコールで、明日に備えて早めに寝ることにします。


おまけ
レセプションでは、加古川名物「かつめし」に大行列ができていました。
我々も、「勝負にカツ」ということで、みんなでカツめしを食べました。

出し物は、各市町村のアピールタイムの他、あちこちを歩き回るゆるキャラたちが人気者になっていました。
かく言う私もゆるキャラたちとポーズをとって記念撮影。
そして、恒例の津幡町の「ミスつばた」とも記念撮影。前任のミスつばたは任期を終え、今年から新しいミスつばたが来てくれていました。

(粕谷)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。