スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クォドルプル

先々週は、いつものボート練習のあとにエイトに乗せてもらって、先週はクォドルプルに。
いつもはナックルフォアかシェルフォアばかりで、どちらも初体験だったんで、とても楽しかった。
特にクオドルプルは、完全に新感覚。すごく楽しかった。
でも、全然上手に漕げなくって悔しい思いもあったなぁ。
ていうか、そもそもオールの付け方が変になってて・・・、
しかもそれに長いこと気付かなくって、クルーにはホント迷惑かけました。
それにしても、ナルホド、道理でまともに漕げないと思った。
だって、ハンドルをガンガンに下げてるのに、返すオールが水中を走るんだもの。
ま、この文章を読んでもらっても、一体どう間違ってたのか全くわからないですね。

いつもは無意識にキチンと取り付けてるんだけど、クォドルプルのリガーがいつものフォアと違って前半分しかなかったから・・、とかそういう問題でもないか。
ああ、ハズカシイ。

あ、それから8/26は関熱レガッタに参加したんですが、これはまた別途。
(粕谷)
スポンサーサイト

市民レガッタ

8/4、5の両日、いつもの加古川で加古川市民レガッタが開催され、我が神鋼漕艇部からもたくさんのクルーが参加しました。

市民レガッタは、各クルーのレベルに合わせて、オープン、エンジョイ上級、エンジョイ初級にクラス分けされて(自己申告)争われます。
私は8/5(日)に「ゴッドスチールズ」のメンバーとしてエンジョイ上級クラスへ参加しました。
結果は、悔しいながらも準決勝敗退。

予選は危なげなく1位通過し、準決勝で「ゴッドスチールズ」対「加古川の奇跡」という部内対決の好カードに盛り上がりかけたのですが、それもスタートするまで。
試合では、身内同士でレーン侵害により潰しあうという、なんともスッキリしない結果となってしまいました。

実は、準決勝、別のレースでも、当部の「つよっしーず」がレーン侵害をしてしまい除外されるという事態が発生しており、COXの技量UPが俄かに問題として浮上してきました。

一方、オープンに参加した「ハイテンズ」(今回4位)は、レース展開の戦略不足を感じたとのことであり、操舵はもちろん、もっと戦略を意識できる専属COXを鍛えるということも、今後は当部で力を入れていく必要がありそうです。

でも、たまにCOXやるのはいいけど、毎回COXってのは辛いかなぁ。
やっぱ漕ぎたいし。
なかなか難しい問題ですね。漕ぎ手をやりつつ、全員がCOX能力も鍛えるってのは欲張りでしょうか。

その他、後日談。
当日はとにかく暑くて暑くて、真っ黒に日焼けしてしまい、外国人みたいになってしまいました。会社で周りを見渡すと、真っ黒になった当部の連中がチラホラと見られます。
(粕谷)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。