スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かこがわフェスティバル

10/30(日)は、我々の会社「神戸製鋼」の加古川製鉄所を一般の方々に開放してお祭りを行う、恒例「神鋼かこがわフェスティバル」でした。
漕艇部は、これまた創部以来の恒例ブースとして、「マシンレガッタ体験コーナー」を設けました。
子供は100m、大人は300mのエルゴを体験してもらうコーナーです。

天気は微妙でしたが、たくさんのお客さんに来ていただきました。
メインのお客様は子供たち。
きっと楽しんでもらえたことと思います。
子供たちの集客には、参加賞の「うまい棒」効果もあったかもしれませんが・・。
スポンサーサイト

ハイテンズ打ち上げ

10/18(火)は、ハイテンズメンバー+αで、全国市町村交流レガッタの打ち上げをしました。
開催場所は、「てんじく」(中華料理)。

来年の全国大会について話しましたが、来年はなかなかに厳しそう。
メンバーの1人が部長班「ほむら~ず」に移籍することになり、例年参加している壮年の部には、
年齢制限で参加が厳しくなってきたのです。

成年の部の場合、加古川市代表になれるかも難しい。
来年大丈夫なのか・・・。

打ち上げでは他にも、メンバーのプライベートの話でも盛り上がりました。
やっぱり長い間やってるので、自分らの人生にも色々とあります。

新人歓迎会

年度が新しくなり、フレッシュな新人が各会社に配属される時期ですね。
(この日記を書いている今はすでに5月病の季節ですが・・)

5/9は我々漕艇部にもやってきた新人さんの歓迎会が開催されました。
歓迎対象者はなんと5人!
(ほんとのフレッシュマンは2人でしたが・・。まあ色々事情もありまして。)

この勢いでどんどん若い人に増えていってほしいです。

スプリングボートカップのはずが・・

4/25はいつもの加古川でスプリングボートカップでした。
審判集合時間に合わせて加古川へ車を走らせていたのですが、そこで電話が・・。
今回の大会は加古川の放流量が多く中止とのこと。
加古川では今年初の大会ということもあり残念でした。
まあ、シーズン到来であることには変わりないので、これに続く大会で頑張って行こうと思います。
次回は市長杯です。

初漕ぎ

1/10(月)は加古川漕艇センターの初漕ぎでした。
神主さんを呼んでの安全祈願で開始(私はそこには参加できなかったのですが)。

その後は部長班/選抜班混成でナックルを出しました。
(残念ながらエイトには人数が足りませんでした。)
メンバーを交代しながら軽く何周かまわります。
でも、軽くとは言いながら正月ゴロゴロしすぎたせいか、結構疲れてしまいましたが。

艇を片づけた後は、センターで豚汁、お汁粉、餅がふるまわれました。
みんなでワイワイしながらおいしくいただきました。
何人かは餅つきにも参加していたようです。

今年もみんなでボートを楽しんでいきたいです。

健康・スポーツフェスティバル

去年のことで恐縮ですが書いておきます。

加古川市体育協会創立70周年記念行事として、加古川市立総合体育館で健康・スポーツフェスティバルが開催されました。
各スポーツ団体のブースが用意される催しで、加古川市ボート協会ではマシンレガッタ体験ブースを用意することとなり、我々漕艇部も大いにお手伝いしてきました。

エルゴを数台並べ、お客様に漕ぎ方を説明しながら100~300mを体験してもらうというものです。
客の大半は子供たちで、大いに楽しんでもらえたように思います。

総会

12/13は年末恒例の漕艇部総会でした。
忘年会としての懇親の場でもありますが、会計報告と各班班長による来年の方針が語られる大事な場でもあります。
特に選抜班班長の方針には大いに盛り上がったかと思います(若者よ、もっと頑張れ!)。

加えて今年は先日の接触事故の報告があり、ここはしばらく真面目に話し合いが行われました。

総会後は有志で2次会へ。ここはボートの話よりは仕事の話で盛り上がってしまったかな?

接触事故

11/21、当部で初となる接触事故を発生させてしまいました。
(当部のボート接触事故報告書を元にした日記です。)

いつものナックル練習にて、船台へつけるために旋回をかけて艇が川に対して横向きになった際、2番が、右手よりライトパドルからパドルで向かってくるシングルスカルを認識しました。
しかし、そのときはすでに約30m地点に迫っており、その後、艇の横腹にスカルのトップボールが突き刺さる接触となりました。
幸い双方にケガはなく物損だけですみましたが、当部側の不注意が原因であり、相手の方には大変な迷惑をかけてしまいました。

対策として、
・安全講習、COX講習を徹底すること
・乗艇前ミーティングを徹底すること
・混んでいる船台付近での旋回は禁止
などのルール、仕組みを設け、12/18の漕艇部総会にて報告がありました。

今後このような事故なきよう、部員全員で安全意識を高めたいと思います。

リギングの調整

全国市町村交流レガッタに向けて、使用する艇のリギング調整を実施。
自分自身や部員のため、ここにメモを残します。

センターからローロックのピンまでの幅=84cm
ローロックのピンの角度・・前後=0°、左右=外側に1°
   ※特に、トップ側、内側へ角度がついているのはNG
シート最低部(穴フチあたり)からローロック内側の底面(センターあたり)までの高さ=16cm

正直今までほとんどリギングをしたことなく、今回は大量のリギングをしなければならなかったので、勉強になりました。

(粕谷)

ボート免許

久々の書き込みです。

先日ボート免許試験を受けました。
この免許を取れば、レガッタ大会で審判艇等のモーターボートを運転できるようになります。
2級小型船舶操縦士というれっきとした国家資格なんです。

学科講習1日、実技講習1日、学科・実技試験1日の計3日間のコースで、姫路で実施されました。
講習はどちらも丸1日かかるため結構しんどかったのですが、実技のボートの運転自体は気持ちよかったです。

合否発表は23日。合格できればいいな。


ちなみに昨年の全国交流の結果は3位。優勝できませんでした。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。